ランドセル選びのポイント|イオンとニトリを徹底比較【価格と機能】

ニトリのランドセルの特徴は?

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較
格安ランドセルで人気のニトリの代表モデルは「わんぱく組)です。

 

機能性の総合評価は高いですが、コストパフォーマンスにたいする不満が多いみたいです。

 

タフガードという丈夫で軽い人工皮革を使用して、体のサイズに合わせて使える可動式の肩ベルト、車のライトやバイクのライトに反射する「安全反射テープ」が背面と左右に貼られていて安全性確保に役立つと高評価です。

 

ただ、人気の可動式の肩ベルトですが、非常に機能的なんですが耐久性に少し不安があって高学年になると故障する可能性もあります。

 

安いモデルの価格帯は22,000円〜44,000円で購入できますが、どうしても安かろう悪かろうで品質は落ちてしまいます

 

細かい指摘をすると撥水加工の有無や内部の抗菌防止・サビ防止などの加工もされていません。

 

6年間使うことを考えるとニトリのオリジナルブランドのランドセルはおすすめできないです。(もちろん個人的な意見ですのであしからず)

 

 

イオンのランドセルの特徴は?

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較
イオン(トップバリュー)のランドセルは軽さとバリエーションが豊富で値段も安いとかなり評価は高いです。

 

まずは軽さですが、950g〜1050gとかなり軽く仕上がっています。

 

大容量化にも成功し容量は大きく負荷分散まで考えてつくられています。

 

バリエーションの多さも魅力でカラーが全部で24色あるシリーズや、機能性にこだわったフラットキューブモデル、そして自分の気に入ったカラーでオーダーメイドできる毎カラーシリーズも人気があります。

 

素材は人工皮革クラリーノがメインで牛革もありますがイオンのランドセルを買うのならクラリーノをおすすめします。

 

最後に価格ですが、ニトリのランドセルと比較してもコストパフォーマンスの良さではイオンの方が断然よく、6年間使える必要最低限の機能が備わったモデルでも3万円台後半で買えます。

 

自分でカラーを選択できる毎カラーシーズも破格で4万円台で購入できます!

 

おすすめですよ!